総合/中核病院千葉seaside動物医療
センター

アメニティエリア

2階の待合全面に大型フレームレスガラスを設けて開放感を演出

実績詳細Works detail

所在地
千葉県習志野市
構造階
鉄骨造 4階建
延面積
1178.28㎡(356.43坪)

アウトラインOutline

2階にある待合は全面をフレームレス複層ガラスで覆い開放感を演出。外壁は断熱材をサンドイッチした金属パネルとし、耐候性、断熱性、防音性に配慮している。外部から視認できる円形の受付カウンターは、犬と猫の待合を区分するだけでなく、クールなデザインも印象付ける。1階はピロティーにして15台の駐車場を確保。

2階待合全面のフレームレスガラス、1階は駐車場
直径4mの受付カウンター、犬用と猫用待合を区分
猫専用待合と猫診察室、奥は救急診察室
トリミング室(奥)+プレイルーム(手前)+専用待合(左)を一体でデザイン
屋上を利用した22m×5mの散歩スペース