処置/検査/薬局Treatment

処置/検査/薬局

01 処置台4台を並列に配置

主な特徴
・処置台4台が動線を確保して等間隔で並ぶ
・天井に酸素配管とリーラーコンセントを設置
・診察室の各出口にPC台を配置
・家具類は引出と扉の仕様でオープン部は原則つくらない
・床をペールグレーにし壁天井と家具を白で統一した明るい空間
・ベースLED照明は1.8mピッチでレイアウト

02 処置台4台を2つのアイランドに分けてセット

主な特徴
・処置台とストレッチャーを斜めにセットできるレイアウト
・麻酔器、酸素配管、コンセントLANを各アイランドに設置
・処置台の逆側はカウンターにしてナースステーション
・周辺に複数のモニターを置いて院内カメラや診療順データを確認
・使用用途にあわせて2種類の処置灯を設置
・処置室に面してガラス張りのICU専用室を配置(写真左側)

03 処置検査と薬局がコンパクトに並ぶ

主な特徴
・中央に処置シンク、処置台、エコーを配置
・染色用シンク、顕微鏡、検査機器を並べて設置
・検査台の奥行を広くして背面に配線ケーブル収納を造作
・カセッターの収納量を十分に確保した薬局
・天井のステンレスボックスから酸素配管とコンセントLANを取り出せる
・正面壁に院内カメラ用のモニター

04 薬局、検査機器、ICUを1面に配置

主な特徴
・アイランドの処置シンクの片側に機器を並列
・手前から順に、ICU、冷蔵庫、注射薬台、検査機器、薬局
・吊戸棚の高さを統一するため移設品と造作品を綿密に計画
・シンク上部に処置灯、点滴レール、酸素配管、リーラーコンセントを設置
・省スペースのためICUの上に酸素濃縮器を置いて使う
・ステンレス製のペーパータオルホルダー

05 診察室に平行配置した検査コーナー

主な特徴
・検査機器専用のアイランド型収納カウンター
・手の届く高さにガラス扉の収納棚
・パレット収納用にアクリル製の小分け棚
・診察室で使うサンプル品在庫品を壁面の棚に収納(写真左側)
・天井面の診察室番号は室内使用時にはセンサーで点灯
・薬局から受付まで1本の動線で連続(写真奥側)

06 分包機3台を置く薬局

主な特徴
・室内の3面を使用する広い薬局
・中央の構造柱型を囲んで3台の分包機を設置、1台は漢方用
・移設品のカセッターにあわせて造作棚を計画
・棚正面にオーダークリップを設置して作業性アップ
・乳鉢洗浄と手洗い用の小型シンクを造作
・注射薬用の幅広冷蔵庫を2台設置(写真奥側)

07 歯科処置専用室

主な特徴
・2頭の歯科処置を同時にできるスペース
・歯科処置専用に寸法オーダーしたステンレスシンク
・樹脂製アコーディオンカーテンで仕切ることも可能
・同時給排気型の換気扇で臭いの出る処置にも対応
・周囲はガラス張りにして圧迫感を抑えている
・麻酔器、酸素配管、処置灯を設置

08 病理検査室

主な特徴
・主要動線から離れた場所に配置
・強制排気タイプの安全キャビネット
・排気量を確保するためダクト中間に流量調整弁を設置
・外部の排気は安全な場所まで専用ダクトで配管
・シンクが配置されるだけのシンプルなレイアウト
・キャビネット重量を支えるため作業台はスチール補強